読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、学ぶフクロウ

福岡の海が見えるステキなまちに暮らしています。まちに関わるお仕事をしています。津屋崎での暮らしや地域づくりの取り組みをゆるゆると紹介します。

古賀でお話をさせてもらいました

マイプロジェクト 地域づくりの実践 教育

2016年12月11日の午後はリーパスプラザこがにて古賀すたいる主催のイベント「取材からインタビュー記事までのストーリーを文字と写真を使った描き方を学ぶ」の講師として話をさせてもらいました。

f:id:t-fukui:20170206220049j:plain

2年前の大学院生だった時代に糸島で大学生メンバーと一緒に制作をした冊子『二丈FUTURE』の制作から資金集め、使用方法について紹介させてもらいました。また、記事を書く上でどんな想いを取材した方からくみ取るのか、デザインをどうしていけばいいのかなども一緒に話をさせてもらいました。

糸島での取り組みについてはこちらをご参照ください。

itomachiene.wixsite.com


『二丈FUTURE』は地元で働く大人たちの歩みを地元の中学生に知ってもらい、自分のこれからの生き方を考えるきっかけとして、地元で働く方々に取材を行い、冊子制作のためにクラウドファンディングで資金を集め、制作をしました。

クラウドファンディングについてはこちらのサイトを参考にしてください。『二丈FUTURE』制作の想いや関わる方々の紹介しています。

faavo.jp

 今回、参加した方々には実際に『二丈FUTURE』を手に取ってもらい、気になったことなどを質問してもらいました。

f:id:t-fukui:20170206220102j:plain

どうして『二丈FUTURE』を制作することになったのか、冊子を作る際の取材の仕方や資金集め、冊子の制作で工夫したことなど、制作の過程から中学生に配るまでの出来事を質疑応答の形で応えていきました。

最後に「あなたが今、伝えたいものは何か(伝えたい人は誰か)」を考えて貰いました。

f:id:t-fukui:20170206220005j:plain
津屋崎に来てから糸島での取り組みは殆ど話していなかったので『二丈FUTURE』の制作を話すことを通じて自分の取り組みを振り返ることができました。

当日のメモ書き①

f:id:t-fukui:20170206220011j:plain

当日のメモ書き②

f:id:t-fukui:20170206220517j:plain

『二丈FUTURE』の制作は取材の協力、資金集め、デザインについてのアドバイス、制作を共に手伝ってくれる仲間など色々な人の支えなしにはできなかったものなので、本当に多くの人に応援をしてもらい、実現できたのだなとしみじみと感じました。

中々、日々の仕事や研究、出ごとなどに追われて自分自身のこれまでを振り返ることができなかったので様々な質問や意見を聴きながら当時を思い返すことができました。今回の様な機会を頂けて、お声掛け頂いた古賀すたいるの方々には感謝しています。

この制作を通じて、取材やデザイン、写真の撮り方など実践を通じて多くのことを吸収でき、今も糧となって津屋崎での取り組みに生きています。

f:id:t-fukui:20170206215957j:plain

今回の研修を通して「記事を書いてみたい」、「自分で古賀のおすすめを紹介したい」など参加した皆さんそれぞれ一歩を踏み出すきっかけになっていたようです。

古賀すたいるの取り組みについてはこちらをご参照ください。

koga-style.com

 また、古賀すたいるの方でも研修の様子が紹介されておりますのでこちらもご一緒にご覧ください。

koga-style.com

静岡のコンファレンスを振り返って

教育 地域づくりの実践

1月21日・22日は静岡県牧之原市主催の「地域と高校生との対話による学び合いの場コンファレンス2016」に参加しました。

f:id:t-fukui:20170205215148j:plain

www.city.makinohara.shizuoka.jp

牧之原市では地元の高校生がファシリテーターやグラフィッカーとして今回のようなコンファレンスも運営も含め、地域の様々な対話の場で活躍しています。

f:id:t-fukui:20170205215204j:plain

今回は静岡の高校生を中心に中学生、大学生、学校関係者、行政、NPO、民間など多様な人たちがこの学びの場に参加し対話を楽しんでいました。

f:id:t-fukui:20170205215156j:plain

牧之原市の取り組みはもちろんのこと、公共施設を考えるにきっかけにと高校生と一緒にマンガをつくった御前崎市や自分たちまちについて考え・公共施設のリフォームなどを実現している新城市の若者議会、可児市では高校生と地域をつなぐNPO法人縁熟の取り組みなど5地域の事例を聞いて、全国各地で高校生が地域に出て活躍していることを知りました。

当日の様子をグラフィッカーが絵を付けて記録してくれました。

f:id:t-fukui:20170205215244j:plain

新城市では若者議会として、市から年間1000万円の予算を若者に使用方法を考えて貰い、実現する制度があります。

f:id:t-fukui:20170205215255j:plain
2日目には高校生がメインファシリテーターで場を運営する分科会に参加し、「高校生の考えが反映されるにはどうしたらいいのか」をグループワークで高校生の参加者と一緒に考えました。

当日の司会は地元の高校生がファシリテーターとして運営してくれました。

f:id:t-fukui:20170205220059j:plain

それぞれのグループでテーマについて考えたことをグループごとに発表してくれました。

f:id:t-fukui:20170205215308j:plain

自分がいたグループの高校生からは、ボランティアの取り組みをもっと広めたい、校内に炭酸水が欲しい、自分がやりたいことを考える・語る場がないなぁなど率直な意見を聴けました。

f:id:t-fukui:20170205215316j:plain

高校卒業から10年以上が経つのですが彼らの話を聞きながら自分が高校生の頃、何を考えていたのかを立ち返ることができました。

この日でた話も高校生のグラフィッカーがしっかりとメモを取ってくれました。

f:id:t-fukui:20170205220133j:plain
その後は参加者全員で2日間の振り返りをワールドカフェ形式で行いました。人生を変えてくれた先生の話など普段、聞けない高校生の生の声が聞けて本当に良かったです。

全体の振り返りも地元の高校生がファシリテーターをしていました。

f:id:t-fukui:20170205215314j:plain

特に、大人は高校生を一人前扱いしているけど、都合の悪いことにはきちんと疑問や意見に対して応答してくれないという意見もあり、これから彼らとどう向き合っていくのか自分自身の在り方を考えさせられました。

f:id:t-fukui:20170205221219j:plain

f:id:t-fukui:20170205220511j:plain
このような場を日ごろから取り組んでいる牧之原はすごいなと思いますし、牧之原市以外にも同じような取り組みがあることを知りました。

高校生が場の運営に入ることで、高校生だけなく、大人も高校生の声に耳を傾け、これからの自分のこと、地域のことを共に語り合いながらつくっていけることを実感しました。今日の様な対話のコンファレンスを体感してきた高校生がこれから様々な地域で活躍していくことを考えるととても心強いなと思いました。

九州でも高校生が自分の将来や地元に向き合うきっかけやまちとの関係性をつくる場を増やしていきたいなと思います。

最後に静岡から見える富士山は圧巻でした。再び訪れたいと思った場所です。

f:id:t-fukui:20170205215232j:plain

まわしよみ新聞36号を作成しました

津屋崎「まわしよみ新聞」

【まわしよみ新聞36号 発行】

まわしよみ新聞を1月25日(水)に「みんなの縁側 王丸屋」にて実施しました。今回で36号目になります。

f:id:t-fukui:20170130212415j:plain

今回は稀勢の里横綱昇進の話やAIをこれからの活用をどうしていくか、遠藤周作の原作を映画化した『沈黙』を見た感想、2月5日に投開票される福津市長選の争点は何だろうかなどを来た人たちと語り合いました。

f:id:t-fukui:20170130212419j:plain

記事につけて真剣に語り合っています。

f:id:t-fukui:20170130212422j:plain

みかんの差し入れを頂き、食べながらそれぞれの記事を語り合いました。。

f:id:t-fukui:20170130213317j:plain

編集作業も楽しみながら作成しました。

f:id:t-fukui:20170130212425j:plain

f:id:t-fukui:20170130213446j:plain

今回も新たに津屋崎のまわしよみ新聞に参加してくださる方がいて気になった記事を思わぬ切り口から拡げてくれて語り合うのが楽しいと話していました。

f:id:t-fukui:20170130212428j:plain

まわしよみ36号が完成しました。

f:id:t-fukui:20170130212431j:plain

次回は明後日2月1日(水)9時30分より「みんなの縁側 王丸屋」にて実施します。

津屋崎のまわしよみ新聞について詳しく津屋崎ブランチのHPをご参照ください。

1000gen.com

実家に帰省して思ったこと

日々の気づき

年末年始は長崎の実家(五島列島宇久島)に帰っていました。

宇久島についての情報はこちらをご参照ください。

www.ukujima.com

いつも実家に帰省する際は佐世保港から船を使います。宇久島へは佐世保港からフェリーで約3時間かけて帰ります。

f:id:t-fukui:20170125181603j:plain

船から見える宇久島です。人口は2000人ぐらいの小さな島で、ここで小学校から高校までを過ごしました。

f:id:t-fukui:20170125181347j:plain

今回は父の還暦祝いで帰っていたのですが天気も良く、波は凪で、空が澄んでいて家から対岸の平戸がくっきりと見えました。今まで部屋から見える景色を考えたことがなかったのですが澄んだ海と空のおかげか、目に焼け付けることができました。

f:id:t-fukui:20170125181008j:plain

 12月31日の夕方、初老と還暦を迎える人たちは近くの天満宮に奉納に行きます。今回は父の代役として、弟と一緒に神社に参りました。

f:id:t-fukui:20170125181019j:plain

f:id:t-fukui:20170125181042j:plain

f:id:t-fukui:20170125181048j:plain

儀式が終わったら、年の数だけ来ている子供たちにお金をまきます。

子どもの頃は12月31日になると友達や兄弟と一緒に神社にお金を拾いに行っていたのですが、まさか初老と還暦のためだとは全然知りませんでした。

子どもの数が減っていたのは残念ですが育った場所で、生きた節目を祝う儀式が続いているとは思いませんでした。代理だったので実感はありませんが、節目を迎える人たちは祝ってもらえると同時に、これから何をしていくのか考えるのだろうなと思います。

父の還暦で戻っていたのですが、今回、実家に帰省していたのはもう一つの目的があります。海から昇る朝日と海に沈む夕陽を元旦に拝むことでした。

残念ながら海から登る太陽は暑い雲に覆われて見れなかったのですが、家の近くで朝日を拝むことができました。元旦の朝日は平戸から登ってきます。

f:id:t-fukui:20170125181100j:plain

山に沈んでいく夕陽はとてもきれいでした。

f:id:t-fukui:20170125181124j:plain

とんびも夕陽の方角を見ていて、その姿はりりしかったです。

f:id:t-fukui:20170125181127j:plain

最後は海に沈む夕日を拝むことができました。宇久島五島藩発祥の地と言われていて、ここに始祖が到着したと言われています。

f:id:t-fukui:20170125181129j:plain

いつもは何気なく見ていた風景も津屋崎に暮らし、色々な地域に足を運んでいると見え方が変わってきます。

長崎鼻です。磯の時期になるとここでサザエやウニを母親や親せきと取りに行っていました。

f:id:t-fukui:20170125181106j:plain

夏になると、この高瀬で飛び込んでいました。

f:id:t-fukui:20170125181108j:plain

大浜海水浴場です。砂浜も白くきれいで海も澄んでいて、遠くには灯台が見えます。

f:id:t-fukui:20170125181111j:plain

対馬瀬等です。水平線の海の目の前に佇む灯台

f:id:t-fukui:20170125181118j:plain

実家(宇久島)に戻って海の表情がこんなにも豊かなのだなと29年目にして気づかされた年明けでした。

地域に関わる研究や仕事を通じて、たくさんの地域に足を運び、そこに住む人たちに地元の魅力を教えて貰えたことで、自分が住み慣れた場所の魅力を改めて再発見することができました。

実家もご多分に漏れず人口が減り、活気が減ってきておりますが、ここで暮らす人たちが年の節目を祝い、綺麗な景色をつくり続けており、目に見えない大切なものを大事に守り続けているのだと実感することができました。

 

「ただいま」と言って生まれ育った場所に帰ることができるのはかけがえのないことなのだなと思った年末年始です。

2017年、津屋崎「まわしよみ新聞」はじまりました

津屋崎「まわしよみ新聞」

2017年初のまわしよみ新聞を、1月18日(水)に「みんなの縁側 王丸屋」にて実施しました。近所のおじいちゃんばあちゃんから地元の方々、移住してきた方々とが学び合う場を共に育んでいけたらと2016年4月から毎週火曜日に実施していましたが、2017年からは毎週水曜日に変更しました。

f:id:t-fukui:20170124164900j:plain

今年初のまわしよみ新聞には、去年からの参加している方に加え、津屋崎に住んでいる方・津屋崎を見学に来た豊前市苅田町の主婦の方が新規で参加して下さり、にぎやかな時間となりました。

選んだ新聞記事について、みんなで語り合っています。

f:id:t-fukui:20170124165034j:plain

今回は阪神大震災から22年が経ち今何を感じているのか、看護師の配置不足、待機児童の問題など社会的な話から津屋崎の地元のネタや健康の話など終始、話題に富んでいました。

語り合った後はそれぞれのグループで新聞を編集する作業を行いました。

f:id:t-fukui:20170124165037j:plain

コメントや絵を描く表情はおしゃべりをしながらもとても真剣です。

f:id:t-fukui:20170124165048j:plain

f:id:t-fukui:20170124165533j:plain

それぞれのグループで出来上がったまわしよみ新聞を全体で共有しました。

f:id:t-fukui:20170124165045j:plain

f:id:t-fukui:20170124165116j:plain

完成したまわしよみ新聞です。

f:id:t-fukui:20170124165049j:plain

f:id:t-fukui:20170124165100j:plain

 まわしよみ新聞の楽しみをそれぞれ実感して貰えたみたいです。最後は恒例の集合写真を撮りました。

f:id:t-fukui:20170124165055j:plain

次回は明日1月25日(水)9時30分より「みんなの縁側 王丸屋」にて実施します。終了後は人狼ゲームも実施します。

津屋崎「まわしよみ新聞」について詳しく津屋崎ブランチのHPをご参照ください。⇒http://1000gen.com/

誕生日を迎えて、2017年の新たな決意

津屋崎に暮らす マイプロジェクト

1月10日に誕生を迎えて29歳になりました。誕生日のメッセージを送って頂いた方々、ありがとうございます。

ケーキを頂いたり、地域の方にお祝いしてもらいました。

f:id:t-fukui:20170124163101j:plain

20歳になる時には大学院に進学することも、津屋崎で働いていることも夢にも思いませんでした。きっとこれから先もまだまだ未知の世界が広がっていて、楽しい時も苦しい時も波のようにたくさん訪れと思いますが、過行く時間に流されずしっかりと1日1日を大切に積み重ねていこうと思います。

そう言う意味でも誕生日と言うのは過去と未来を振り返る大切な節目なのだなと思うと、心が引き締まります。

誕生日の次の日に津屋崎の夕陽を見に海に行きました。

f:id:t-fukui:20170124163218j:plain

ここに来てから、空の表情や海の表情をとても意識するようになりました。季節によって変わる津屋崎の表情はとても豊かで天気や季節によって景色に様々な表情があることに気づかさせてくれます。

30歳と言う区切りを迎えるまで残り1年を切りました。同じ日々に出会えることはきっとないので、流れていく時間や景色、人、モノ、言葉をしっかりと自分の中に刻んでいきたいと思います、また、30代以降に自分が成すことも徐々に考えていきたいと思います。

今年は「政治」と「言葉」をテーマに考える場をつくります。「対話」というものをかれこれ10年ぐらい考えてきました。今年から数年かけて、高校生や大学生を中心に「政治とは何か」「なぜ政治を考える必要があるのか」を自分事として考えて貰うためのきっかけづくりを学校教育やそれ以外の場で、大学院の先生と共同研究の中でつくっていきたいと思います。

また、この間、たくさんのことを経験し学んできたので、その集大成として仕事や実践、研究として形にしていきます。今年は「結果」にこだわり有限な時間を有意義にかつ有効に日々を送りたいと思います。

まだまだ、駆け出しの身ではありますがこれから先も足を止めることなく挑戦していきたいと思いますので2017年もよろしくお願いします。

新年も津屋崎「まわしよみ新聞」を毎週水曜日に続けます。

津屋崎「まわしよみ新聞」 マイプロジェクト

2016年の4月から毎週火曜日の午前中に津屋崎にて語り合いの場として「まわしよ新聞」を続けてきました。

これまで34回行い、遠くは東北からご近所の方々まで年代や職種、関係なくたくさんの人達がこのまわしよに新聞に足を運んでくれました。

九州大学の授業にて、津屋崎で大学生と地元の人達とでまわしよみ新聞を行いました。

f:id:t-fukui:20170117164511j:plain

夏休みは小学生、中学生も参加してくれました。

f:id:t-fukui:20170117164501j:plain

東京でも24時間トークカフェと言うイベント中で津屋崎のまわしよみ新聞の雰囲気を体感してもらいました。

f:id:t-fukui:20170117164942j:plain

いつも世代や男女関係なくたくさんの人達が足を運んでくれます。

f:id:t-fukui:20170117164518j:plain

まわしよみ新聞はみんなで持ち寄った様々な社会・ジャンルなど、持ち寄った新聞から気になった記事を切り抜き、意見交換をしながら切り抜きで一枚の全く新しい新聞を作ります。

f:id:t-fukui:20170117165719j:plain

f:id:t-fukui:20170117164535j:plain


このまわしよみ新聞をきっかけに、ゼミ合宿や九州大学の授業、まわしよみ新聞を発案した陸奥 賢さんをお呼びしてのまわしよみ新聞4周年のイベント、東京でのまわしよみ新聞などたくさんの場を頂きました。多くの機会を頂いたの同時に、たくさんの出会いと学びがありました。

まわしよみ新聞4周年のイベントを生みの親の陸奥賢さんをお呼びして行いました。

f:id:t-fukui:20170117164503j:plain
2017年からは毎週水曜日の9時30分よりみんなの縁側 王丸屋にて実施することになりました。

次回は明日、1月18日(水)9時30分より行います。近所のおじいちゃんばあちゃんから地元の方々、移住してきた方々とが学び合う場を共に育んでいけたらと思います。 

お時間の合う方はご参加ください。お待ちしています。

詳しく津屋崎ブランチのHPをご参照ください 。

 

1000gen.com