あたりまえ・ラボ

福岡の海が見えるステキなまちに暮らしています。まちに関わるお仕事をしています。福津での暮らしや地域づくりの取り組みをゆるゆると紹介します。

まわしよみ新聞117号発行

10月3日は「みんなの縁側 王丸屋」にて、まわしよみ新聞117号を発行しました。今回の見出しは「五島が遠く遠くなってしまう号」。

f:id:t-fukui:20181102231651j:plain
実家のある五島列島五島産業汽船が全航路廃・休止になってしまいました。

海の交通手段がなくなると島の人にとっては生活を脅かすものになってしまいます。

f:id:t-fukui:20181102231746j:plain

孤立していかないためにも前向きに話を進めて欲しいです。

f:id:t-fukui:20181102231750j:plain

今回は男らしい集合写真となりました。

f:id:t-fukui:20181102231757j:plain

117号、完成

f:id:t-fukui:20181102232114j:plain

次回は11月7日(水)9時30分からみんなの縁側 王丸屋にて開催します。

11月も休まず、毎週水曜日に開催しています。

王丸屋の土間でおしゃべりを楽しみながらゆるりと楽しい情報交換をご一緒に楽しみましょう。(参加費は200円で新聞を1部、ご持参ください。)

まわしよみ新聞116号、発行

9月26日は「みんなの縁側 王丸屋」にて、まわしよみ新聞116号を発行しました。今回の見出しは「ゴギブリタイガーユウショウ号」(五季ぶりタイガー優勝)。

f:id:t-fukui:20181009201741j:plain

今回は東京から福津に滞在している方、福津ではおなじの顔になっているインドの留学生のモナさんとおしゃべりの時間を楽しみました。

f:id:t-fukui:20181009201818j:plain

「ほぼほぼ」と言う言葉を皆さんは聞いたことがあるでしょうか。10代、20代を中心に若い世代で半数近くの人達が使用している言葉として紹介されていました。

編集の様子

f:id:t-fukui:20181009201852j:plain

では、「ほぼ」との違いは何だろうか、どんな場面で使うのかということで話は盛り上がりました。聞いたことのある言葉の意味や用途を集まった人たちと改めて考えてみるのも、まわしよみ新聞の醍醐味です。

f:id:t-fukui:20181009201933j:plain

完成したまわしよみ新聞

f:id:t-fukui:20181009202005j:plain

躍動感あふれる集合写真となりました

f:id:t-fukui:20181009202040j:plain

次回は10月10日(水)9時30分からみんなの縁側 王丸屋にて開催します。10月も休まず毎週水曜日に開催します。

王丸屋の土間でおしゃべりを楽しみながらゆるりと楽しい情報交換をご一緒に楽しみましょう。(参加費は200円で新聞を1部、ご持参ください。)

まわしよみ新聞116号、発行

9月26日は「みんなの縁側 王丸屋」にて、まわしよみ新聞116号を発行しました。今回の見出しは「ゴギブリタイガーユウショウ号」(五季ぶりタイガー優勝)。

f:id:t-fukui:20181009201741j:plain

今回は東京から福津に滞在している方、福津ではおなじの顔になっているインドの留学生のモナさんとおしゃべりの時間を楽しみました。

f:id:t-fukui:20181009201818j:plain

「ほぼほぼ」と言う言葉を皆さんは聞いたことがあるでしょうか。10代、20代を中心に若い世代で半数近くの人達が使用している言葉として紹介されていました。

編集の様子

f:id:t-fukui:20181009201852j:plain

では、「ほぼ」との違いは何だろうか、どんな場面で使うのかということで話は盛り上がりました。聞いたことのある言葉の意味や用途を集まった人たちと改めて考えてみるのも、まわしよみ新聞の醍醐味です。

f:id:t-fukui:20181009201933j:plain

完成したまわしよみ新聞

f:id:t-fukui:20181009202005j:plain

躍動感あふれる集合写真となりました

f:id:t-fukui:20181009202040j:plain

次回は10月10日(水)9時30分からみんなの縁側 王丸屋にて開催します。10月も休まず毎週水曜日に開催します。

王丸屋の土間でおしゃべりを楽しみながらゆるりと楽しい情報交換をご一緒に楽しみましょう。(参加費は200円で新聞を1部、ご持参ください。)

あたりまえ・ラボの取り組み その③ 津屋崎での場づくりの視察・研修

筑紫野市御笠コミュニティセンター主催の「まちづくり的(てき) コミュニティカフェのすすめ」、第4回は津屋崎での場づくりを現地で学ぶ視察・研修でした。

現地の講師は「みんなの縁側 王丸屋」の店主・冨永透さん、王丸屋をはじめた経緯やこれまでやってきた2年間の取り組みを包み隠さず、話してくれました。

pietoro1211.wixsite.com

f:id:t-fukui:20181006210839j:plain

王丸屋の様子を説明する様子

f:id:t-fukui:20181006210856j:plain

透さんの取り組みを聞いたうえで、自分たちの場で何をしたいか、何を大切に場をつくっていくか参加者同士で話しあいながらこれからの自分達がやっていきたいイメージを具体的に考えて貰いました。

f:id:t-fukui:20181006211234j:plain

振り返りの様子

f:id:t-fukui:20181006210934j:plain

「目的を持って足を運んでもらえる仕組み」や「魅力的な『人』がいる場所」 、「入りやすい間口であること」、「世代を超えて集える雰囲気 ・ターゲットを絞ったイベントを打ち出すことが必要だ」などなど、現地の視察を通して持ち帰るヒントがたくさんありました。


みなさん「懐かしい」「居心地のいい」「ゆったりしている」と、身の回りにはない雰囲気に浸って帰っていきました。

王丸屋以外にも藍の家で取り組みのお話を伺いました。

f:id:t-fukui:20181006211020j:plain

現地視察も兼ねて合計4回、居場所づくりや場づくりをこれから実現していきたい方々のサポートをしてきました。

f:id:t-fukui:20181006211120j:plain

講座が終了した後も参加者同士で継続した勉強会や御笠地域で地域の方と協力しながらカフェを運営するというような話につながっています。

集合写真は皆さん、ステキな笑顔でした。

f:id:t-fukui:20181006211155j:plain

世代を超えた、新しい仲間づくりや自分たちが実現した場のづくりにつながり、糸島や福津で学んだことをお返しできて本当に良かったです。

あたりまえ・ラボの取り組み その②  筑紫野で居場所づくりの講師をつとめました

6月~8月にかけて計4回、筑紫野市御笠コミュニティセンターにて、まちづくり的(てき) コミュニティカフェのすすめの講師として糸島や津屋崎での場づくり・まちづくりの話をさせて貰いました。

f:id:t-fukui:20181005225750j:plain


子ども達からお年寄りまで活き活きと暮らし続ける環境があればまちも人も元気になります。

f:id:t-fukui:20181005225814j:plain

糸島の自宅からはじめた地域の居場所づくりは地元の方や子ども達、九州大学の学生を中心に人の輪が拡がり、食事会や寺子屋、演奏会など多くの物語が生まれました。

糸島時代の学び場づくりの様子

f:id:t-fukui:20181005225842j:plain

この場所を通して新たなご縁や関係性をそれぞれが持ち帰り、拡げていきました。

人が集いたくなるような場所、居心地がいい場所、人が何かを始めたくなるような場所がどうして生まれるのか、参加者と糸島や福津での事例を紹介しながら一緒に深めていきました。

f:id:t-fukui:20181005230234j:plain

福津での取り組みの様子

f:id:t-fukui:20181005225945j:plain
今回は地元の方だけでなく、近隣でまちづくりに筑紫女学園大学の学生さんも参加して、「対話」や「傾聴」を意識して貰いながら世代を超えて価値観やアイディアを交流できる楽しくも学び多き、時間をつくることができました。

f:id:t-fukui:20181005230030j:plain

f:id:t-fukui:20181005230040j:plain

場づくりのカタチをそれぞれが拾い集める中で、新たな勉強会や自分自身でもやってみたいという行動につながり、志を持った方々につなげることができて本当に良かったです。

コミュニティカフェとは何か、この答えなきお題を様々な観点や経験から深めていきました。

f:id:t-fukui:20181005230110j:plain

f:id:t-fukui:20181005230207j:plain

福津でも多世代間の交流をつくっていけるように、自分が糸島や福津をはじめ全国各地で培ってきた場づくりの経験を活かし、よりよい場づくりを目指していきます。

夏の思い出 津屋崎の盆踊り

福津に暮らして初めての津屋崎の盆踊り。

f:id:t-fukui:20181004215015j:plain

ここの盆踊りは練習を何度繰り返しても覚えられないほどたくさんの動きが複雑に絡み合っています。

練習も事前にきっちり行います。

f:id:t-fukui:20181004215039j:plain

これも続けてきた歴史なのでしょう。

はじめの盆踊り、今年は炭坑節を覚えられただけでも一歩前進です。

f:id:t-fukui:20181004215244j:plain

地元の消防団も協力して例年にない参加者数でしめやかでありながら盛大な催しとなりました。

f:id:t-fukui:20181004215158j:plain

津屋崎の盆踊りの様子は津屋崎郷づくりが発行している、「津屋崎郷づくりニュース10月号」で紹介しています。

津屋崎にお住まいの方はご覧ください。

10月8日は音楽散歩の日です♪

【来週、10月8日は音楽散歩2018を開催します】

10月8日(月・祝日)は津屋崎千軒のまち並みが音楽でいっぱいになる音楽散歩の日です。趣のある建物で、ゴスペルやウクレレ、ジャズなどまちを周りながら演奏を楽しむことができます。

tsuyazaki-omotenashi.net
特におすすめは琵琶法師の高木栖鳳さんです。糸島時代からのご縁で、一度は津屋崎千軒で演奏をして欲しいと思っていたのですが念願叶いました。古民家と酒蔵で楽しい琵琶の演奏をお届けしますのでぜひとも聴きに来てください。


また、福津・宗像の美味しい食事も一緒にご提供しています。今回、会場・出店の担当としておもてなしをしますので、演奏だけでなく、食事も楽しめる贅沢なひと時になること間違いなしです。

この日に向けて月に1度、打ち合わせをしながら準備を進めてきました。

f:id:t-fukui:20181003180017j:plain

f:id:t-fukui:20181003180054j:plain

インターネットでお得な前売りチケットを予約することも空出来ますので3連休、最期のお休みは福津で音楽と出会うひと時を。