日々、学ぶフクロウ

福岡の海が見えるステキなまちに暮らしています。まちに関わるお仕事をしています。津屋崎での暮らしや地域づくりの取り組みをゆるゆると紹介します。

よっちゃん祭1日目

津屋崎千軒一帯を舞台にまちが賑わう「よっちゃん祭」。

第21回目を迎える今年も4月21日(土)と22日(日)の2日間、開催をしました。

『よっちゃん祭』は20年前に津屋崎千軒の古き良き街並みを活かした祭りを開催しようと、地域住民主体で始められた手づくりイベントです。

寄っちゃんさい、と(新酒のかほりに)酔っちゃんさい、との想いが込められています。そんな津屋崎の文化を色濃く表現する交流とおもてなしの祭りとなっています。

毎回、テーマ決めから当日の運営まで老若男女、津屋崎に住む人、関わっている人、たくさんの人達が集まってつくっています。

今年のテーマは「そーつこー津屋崎」になりました。「そーつこー」とはこの辺りの方言で、「歩き回る」という意味です。

最後の打ち合わせの様子

f:id:t-fukui:20180504203426j:plain

4月21日の様子です。開始の挨拶もほっこり笑顔で和む場となりました。

f:id:t-fukui:20180504203521j:plain

豊村酒造の母屋では地元の人達が踊りや演奏を披露しました。

f:id:t-fukui:20180504204015j:plain

尺八の演奏もステキでした。

f:id:t-fukui:20180504204034j:plain

小学生は子ども山笠でまちを駆けめぐり、中学生達は祭りを楽しみながら地元のお母さん達とお手伝いをしている。

f:id:t-fukui:20180504204249j:plain

趣のある酒蔵には子供たちがつくった山笠と絵を展示しました。

f:id:t-fukui:20180504204306j:plain

人の関りの分だけ、たくさんのドラマが生まれています。地元の人達と積み重ね続けて21回目を迎えるお祭りです(2日目に続く)。