日々、学ぶフクロウ

福岡の海が見えるステキなまちに暮らしています。まちに関わるお仕事をしています。津屋崎での暮らしや地域づくりの取り組みをゆるゆると紹介します。

不安な「個人」、立ちすくむ「福岡」~ 答えなき時代を どう前向きに生きるかを考える~イベントのご案内

経済産業省の若手官僚グループが中心となって作成した「不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」というレポートが今年の5月に発表され、多くの反響を呼びました。

レポートについてはこちらをhttp://www.meti.go.jp/committee/summary/eic0009/pdf/020_02_00.pdf

このレポートに触発され、「アワロケ福岡プロジェクト」と言う、若手の職員が中心となって各自治体の職員同志がつながり、「ふくおか」の未来を考えようと、DRIPプロジェクトと言うチームが発足しました。

打ち合わせの様子

f:id:t-fukui:20171029102219j:plain

福岡県の職員、各自治体職員、教員の方々が集まって企画を考えております。

f:id:t-fukui:20171029102247j:plain

その第1弾として11月4日の午後にこのレポートを制作に携わったメンバーの経産省の高橋 久美子さんをお呼びして、答えのなき時代をこれからどうやって生きるのか、集まった人たちで未来を語り合い、小さな一歩を踏み出せる場にしていきます。

f:id:t-fukui:20171029102344p:plain

私もプログラムのコーディネートおよび当日のファシリテーターとして関わらせて頂いております。

ご興味のある方は足を運んでみてください。お待ちしています。

詳しくはイベントページをご覧ください。

「不安な個人、立ちすくむ国家〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜」から考える、ふくおか・九州の未来(仮)