日々、学ぶフクロウ

福岡の海が見えるステキなまちに暮らしています。まちに関わるお仕事をしています。津屋崎での暮らしや地域づくりの取り組みをゆるゆると紹介します。

「わいわい☆まちづくり工房」の受講生の方々が視察研修に来てくれました

2月20日は北九州市戸畑区から「わいわい☆まちづくり工房」の講座を受講している方々が視察・研修に来てくれました。

足を運んで頂いた方々は戸畑区在住で30~40代の子育て中の女性で、この先子ども達に住みよいまちになって欲しいという想いで、何か取り組めないか、小さなことからやってみようと研修を受けに来たそうです。

午前中は津屋崎の取り組みを紹介し、津屋崎のまちを巡ってもらいました。

f:id:t-fukui:20170324184213j:plain

今回、研修に来てくれた方々は「人と人とのつながりが広がることによって、何かが生まれる、津屋崎ではどうなのだろうか?」そんなこをと期待されて津屋崎に来てくれました。

午後からは藍の家で藍染め体験を実施したり、はるみ屋の野瀬瑠美さん、普段着きものカフェサダ子さんにインタビューを行い、津屋崎の取り組みを体感して貰いました。

藍染体験の様子です。

皆さん、楽しそうに藍染の作業をしていました。

f:id:t-fukui:20170327204950j:plain

それぞれ、思い思いの藍染ハンカチができました。

f:id:t-fukui:20170327204810j:plain

※集合写真は藍染の先生をしてくれた柴田奈緒美さんの投稿より使用させてもらいました。*1

月曜日の「Cafe and Gallary古小路」の店長を務める「はるみ屋」の野瀬瑠美さんは戸畑出身です。参加者の皆さん、どうして津屋崎でおでん屋をやることになったのか興味新進です。

f:id:t-fukui:20170327205347j:plain

普段着きものカフェサダ子さんでは、美味し珈琲とおやつを食べながら、お店で大事にしていることなどを聞いていました。

f:id:t-fukui:20170327205912j:plain

珈琲と豆乳プリンの組み合わせは美味です。

f:id:t-fukui:20170327210101j:plain

その後は体験したこと、インタビューしたことをそれぞれ共有する時間を持ちました。

自分でつくった藍染のハンカチには思い入れいっぱいです。

f:id:t-fukui:20170327210144j:plain

その人らしい姿を感じ取るということを、今回のメインテーマにしていたのですが出会った人たちとの雑談の中から戸畑での取り組みのヒントをそれぞれお持ち帰りしてもらえたようです。

最後まで笑顔が絶えない、楽しい研修でした。

f:id:t-fukui:20170327210150j:plain

これから戸畑で様々なことをまちで起こしていくうえでのヒントが少しでも持って帰って貰えたら嬉しいです。